11月 26日

犬や猫などをペットとして購入するにはいくつかの手段がある

ペットは専門店やインターネットでも購入できる

犬や猫などの動物をペットとして飼う場合、全国にあるペットショップで直接購入するケースの他に、インターネットを通じて手に入れる方法があります。いずれの方法も、ペットを手軽に選ぶことができ、安価で購入できるといった点が特徴です。

ペットショップでの購入

犬などの動物を生体販売する専門店は、専門のチェーン店やホームセンター等の一角に設置されているケースがほとんどです。初めてペットを購入する場合でも、店員が飼育に関する相談を行う、飼育関連のグッズを販売するなど、親切に対応してくれることが特徴となっています。展示されているペットは生後半年以内の動物など、飼育に適した物を販売しているため、比較的安い値段で手に入れることができます。購入の際には、動物愛護管理法に基づいた登録業者の標識がある、ペットの飼育方法や病気の有無などの記載がある専門店かどうかを確認します。

インターネットでの購入

インターネットを通じて犬や猫などの動物を販売する業者もあり、ペットとして購入することができます。購入の窓口がインターネット経由であることから、店舗に足を運ぶことなく写真などで気に入ったペットを選び、自宅に届けてくれるメリットがあります。ペットの飼育施設から直送または送迎をする場合と、ブリーダーとの仲介をする場合の2種類の販売方法があります。購入時の注意点として、販売業者やブリーダーが動物取扱業の登録をしているか、ペットの飼育状況を確認できるかが重要となります。また、ペットに関しての質問に答えてくれるか、購入後も保証がつくのかも確認します。

子猫販売なら神奈川にあるペットショップを利用して購入することをお勧めします。インターネットを使って気軽に買うことができるので、遠くに住んでいる人も安心して利用することができます。