11月 26日

ペットを選ぶ時に気をつけるべきポイントは何か

ペットという家族の命

ペットを飼うというのは、それまでの生活とは一変するのでその覚悟がまずは必要になります。ペットにあわせた生活になるのであまり自由に行動する事はできなくなります。長い間留守をしてしまうのはペットを寂しくさせてしまいますので向きません。そもそも留守が多い人はペットを飼うことに疑問を感じる人も多いのです。飼い主の勝手な行動にペットが振り回されないようにする為にも、ペットを飼う時にはそこまで考えて飼うことが求められます。近年のペットブームに乗ってペットを飼ったはいいけれども、いざ飼育をしていくとお世話が大変になり行動も自由がきかなくなってしまったという理由で手放して保健所に送られているペットは数え切れない程いるのです。そうしたペット達がいきつく先には死が待っています。愛情たっぷりで幸せな生活が送れると思ったら一変してしまう事はよくあるのです。そんな現状をかえるためにはまずは飼い主の意識の問題があります。

最期まで看取ってあげる責任

近年はペットの保険なども多く出てきている程ペットを飼う人が増えていますが、ペットを飼うという事はとてもお金がかかります。子供を一人育てているのと同じような感覚で考えておいたほうが良いでしょう。ペット保険も加入していれば毎月保険料がかかります。若い健康なうちは、その保険を使う事がほとんどないのでムダだと思って保険をやめてしまっていて、高齢になった時にやはり必要だと思って加入しなおそうと思っても、その頃には保険に入れない状況になってしまう事も多いです。そうなると動物病院の窓口での負担は全額になる為にかなり高額になってしまい、支払えなくなってしまって手放すという最悪の状況の人もいます。

ペットショップでは、可愛い動物の赤ちゃんが販売・飼育されています。希望により、ゲージから取り出して触らせてもらえることもあります。