11月 26日

ペットショップで犬や猫をできるだけ安く購入する方法とは

子犬や子猫よりも成犬、成猫の方が安い

犬や猫を飼いたいという人は多いですが、購入に必要な金額は思いのほか、高額になることを覚悟しなければなりません。ペットショップに行って、子犬や子猫の値段を見ればわかりますが10万円以上が当たり前というのが相場で、人気の種類になるとさらに高くなります。では、できるだけ少ない金額で犬や猫を購入するためにはどうすればいいのでしょうか。

ペットショップで購入することを前提とした場合、一番簡単なのはある程度成長した犬、猫を選ぶことです。基本的に犬と猫は年齢が若ければ若いほど購入金額が高くなります。なぜかというと、幼い方がかわいく、人気があるからです。生後一年程度経つと、顔つきが大人になるので購入希望者が減ってくる、つまり売れ残りの状態になります。そうすると、ショップは値段を下げるので、そのタイミングで購入すれば手持ちのお金が少なくても大丈夫というわけです。

セールを行うペットショップもある

ペットショップのホームページ、あるいは新聞と一緒に配布されるチラシを見て、セールのときに買いに行くのも一つの手です。スーパーなどと同様、セール期間を設けているペットショップも珍しくありません。どちらかというと、個人が経営しているペットショップよりもチェーン店として運営されているショップの方がセールに積極的といえるでしょう。

種類にこだわらないのであれば、人気のないものを購入する方法もあります。テレビや漫画で脚光を浴びて高額になった種類でも、ブーム終了と同時に値段が下がることがあるので、購入のタイミング次第で安く買えるでしょう。

子猫販売なら東京のペットショップがいいでしょう。なぜなら、東京は全国から珍しい種類の子猫が集まっていたり、ブリーダーの学校も多いからです。