11月 26日

アリをペットにしたい場合、アリはショップで買うの?買いそろえた方がいいものは?

リアルタイムで巣が作られる様子を観察できる

ペットとして昆虫を飼う人も珍しくありません。飼っている人が多いものとして、カブトムシやクワガタムシなどの甲虫類が挙げられます。また、鈴虫などは江戸時代以前から個人で飼われていましたし、子供の頃、カマキリをかごで飼っていた人もいるでしょう。

そうしたペットとして飼われる昆虫として、最近、注目を浴びているのがアリです。

アリを飼ってなにが面白いんだという人もいるかもしれませんが、側面が見えるガラスやプラスティックケースの中にアリを入れ、しばらくすると、炭鉱のようにあちこちに通路を作り始めて、やがて複雑な巣を見せてくれます。アリの街ができていく様子をリアルタイムで観察できるという面白さがあり、好きな人にはたまらないのです。

専用のキットを買えば育てやすい

では、肝心のアリはどこで調達すればいいのでしょうか。ペットショップでアリは売られているのでしょうか。実は、アリそのものを売っているペットショップはまずありません。なので、アリは買ってくるのではなく、自宅近くの地面にいるアリを連れてくるという形になります。

ハチのように、女王が存在しないと巣を作らないのではと心配する人もいるかもしれませんが、女王アリを入れなくても、働きアリだけで巣はできます。

巣を作るためのケースは買った方がいいでしょう。土の代わりにゼリーが敷き詰められた、アリの巣観察キットのようなものが売られています。このゼリーはアリの餌になっているので、わざわざ餌を供給する必要はなく、土と違って半透明なので巣穴の様子がよくわかるようになっています。

子犬販売なら東京である理由は、東京という土地の特性と大きな関係があります。地方出身者の多い東京ではペット・番犬の需要が高いため、子犬販売が発達したのです。